「ごま、下関は魚。」の巻
 昨日門司港の見たい所は概ね回ったので、今日は下関をメインにすることにした。朝から市場に行きたかったので7時過ぎにチェックアウトし、駐車場に荷物を置いて船で下関に渡った。この連絡船はホントにバス感覚だ。あっという間に下関の唐戸に到着。早速唐戸市場に行ってみる。

 着いたのは7時半過ぎでいろんな魚を売り出していた。最初の予定では初日にこっちに来るつもりだったのだが、土曜は魚が安いというのと持って帰りたいということで、日程を変更したのだが大正解。今日はたまたま市場のお祭りだったようだ。

 それはさておきまず魚という事でくるくる回って小鯛を箱で1000円でいいというので、それをゲット。とても綺麗でお得だ。鯛は生でも焼いても煮てもあげてもなんでも美味しい魚の王様だからね。ついでに大きなイカを500円にまけてもらって、しかも両方捌いてくれるそうなので、その間市場をお散歩する事にした。

 10〜15分歩き回って一通り偵察が完了したのでお店に戻って魚を受け取った。お祭りまではまだ時間があるから、唐戸の近辺を散策する事にした。まずは赤間神宮に行きその後領事館などのレトロな建物を見学して市場に戻った。

 するとなにやら長蛇の列。なんでもふぐ鍋を一杯100円だというのだ。当然並んで私たちは三人で一杯買う事にした。15分くらい待っていよいよ販売開始。よくイベントで使うプラスチックの器だが身も結構入っていて美味しかった。

 イベント会場では、ふくつりとかまぐろの解体ショー&即売とか色々なイベントを行っていた。まぐろの頭が1,500円とか2,000円だった。とびきり安いが一般の人があれかってどうやって調理するのかが興味深い。うちなら庭で炭焼きしかないが、あれを焼くのに一体何時間かかるのやら。

 その後、少し早いのだが、11時開店の市場内にある回転寿し屋に休憩がてら並ぶ事にした。しろちゃんもなんだか疲れていたし。並び始めたのは私たちが最初だったので一番最初に席に案内された。ここの寿司屋は超人気だし、今日はお祭りで人も多いから1時間以上前だったが座って待つ事にしたのが大正解だった。

 寿司はもちろんネタがいいので美味しい。ここならではのふくとか鯨ベーコン、それとうにを食べた。しろちゃんは回転寿し屋にくるのは実は初めてだよなぁ。なんだかんだとかなり食べていたな。しろちゃんは最後はいくらで締めていた。いくら好きだもんね。

 お腹も大満足したので、そろそろ門司港に戻って帰る事に。帰りもやっぱり連絡船だ。門司港に着いたら、くろちゃんがもう少しお土産を買うというので追加で買って、トイレをして帰った。帰り道ちょっと色気を出したら超迷ったよ。自分の方向感覚が90度ずれていたんだけど、そんな迷いかたをしたのは初めてかもしれん。結局15分くらい思い切り迷ってた。

 帰り着いたらさすがにちょっと疲れたよ。イカも鯛もうまかった〜。特にイカは素晴らしかったね。今度くろちゃんが鯛のお澄ましをつくってくれるそうなのでそれも楽しみだ。

 くろにぃたちお留守番ありがとう。
c0022219_2119246.jpg

 "なんか魚臭い。"
[PR]
by gomakurony | 2006-11-04 21:21 | お出かけ
<< 「ごま、こなかった…。」の巻 「ごま、門司港で乗り物。」の巻 >>