カテゴリ:ハウステンボス( 88 )
「ごま、デンハーグ残念。」の巻
 ハウステンボスのホテル・デンハーグが営業を停止する事が決まった。デンハーグは私も好きなホテルだったしなんといってもいつも楽しみにしているヴィノテークがあるとても重要なホテルだ。円高とウォン安による韓国からの客足の減少は確かに痛すぎることも理解できるけど残念だ…。

 ハウステンボスに沢山行ってあげて盛り上げたいけど、少なくとも夏までは行けそうにないものさらに辛い。今度行ったときハウステンボスは一体どうなっているのだろうか…。

 "一年は休むらしいね。" 
c0022219_1905490.jpg

 残念過ぎだ。
[PR]
by gomakurony | 2009-02-22 19:01 | ハウステンボス
「ごま、2008年10月のハウステンボス3日目。」の巻
 最終日はしろちゃんと朝日の写真を撮りに行く約束にしていたので、5時30分に起きて出かけた。日の出は結局6時30分頃だったが、しろちゃんは夜から朝に変わる瞬間を見ることが出来て良い経験になったと思う。前日と違って雲が少なく、写真的にはちょっと変化が無くてもう一つだったかな。

 寒かったので部屋に戻って朝食を食べて少しゆっくり過ごしてからフォレストヴィラを散歩することにした。ここも少し手を加えてまえと変わっているらしい。確かに行ってみると全部ではないがかなり手を入れていて楽しめた。しろちゃんも写真を撮りまくりだ。

 散歩が終わったらアーリーチェックアウトして、荷物を全部持って駐車場まで移動だ。帰りにはもう少し荷物が増えるから持てるものは早めに出しておかないとまずいからね。

 帰りの途中でチーズケーキやオリーブオイル、チョコなどをゲットし部屋で最後の食事まで休憩した。

 最後の食事は吉翠亭のブランチだ。祝祭御膳というのにランクアップをした。メニューはもらわなかったので全部名前は書けないけど、栗やサツマイモなど秋の食材がたくさん使われていて楽しませてもらった。栗のチップは初めて食べたけどなかなかインパクトがあったな。

 ゆっくり食べて、ヨーロッパの中庭で少し休憩してから船で出口付近まで移動した。最後にブールンカースでゴーダチーズを一玉(4.5kg)を買ってすべてを終了して帰った。

 今回はサンヴァンサン祭り堪能しまくったと自負して帰ったんだけど、帰り道で重大な失敗をしていることに気づいた。試飲した中でゴールド3番のシャトー・デスミライユ2002(だったかな)が一番気に入っていたのだが、ホテルではイベント目白押しだから飲まないだろうと買わなかった。でもよく考えたら持って帰って飲めばいいんだ。10%オフだったのに買わないとはもったいなかったな。

 でもそれ以外は思っていたことはほぼやり尽くしたので満足だ。来春は行けないので間隔は空くが次ぎに行くのが楽しみだ。ただ、ハウステンボス結構雰囲気変わっていたなぁ。次ぎに行くときにはまた違っているのだろうか…。
[PR]
by gomakurony | 2008-10-13 21:29 | ハウステンボス
「ごま、2008年10月のハウステンボス2日目(2)。」の巻
 ランチが終わって、また園内探検をしてからもう一度ワインを飲みに行った。中日はワインデーと決めていたので楽しまないと。しばらく楽しんでから部屋に戻って昨日と同じくNHK音楽コンクールの中学生の部を見た。最後まで見ると自転車の返却時間に間に合わないので16時半に部屋を出るとオレンジ広場でジャズライブをやっていた。

 人が多いので少しだけ聞いてパラディに自転車を返却してヴィノテークに行った。この日は予約でいっぱいだそうだが、この時間はまだ空きがあると昨日聞いていたので場所だけ取っておいてもらって、シャンパンを頼んだ。しろちゃん用にはパインベースのノンアルコールカクテルを作ってもらった。

 しろちゃんのカクテル美味しかったししろちゃんもとても気に入っていたが、実は二人のシャンパン代より高いという…。まぁいいけど。気持ちよくシャンパンを飲んでからランガダイクに行ってみたらちょうどカステラがかかっていた。こそっと一番後ろに座って即ゲット。かけた人ごめんね。(^^;)そのあとくろちゃんがはや押しでもなにかをゲットしていた。

 夕食は少し飽食気味なのでオレンジ広場付近の屋台などで食べることにした。この期間大鍋のパエリアを売り出していたのでそれとハムのクレープだったかな。ジャズも聞きたい気はあったけど、体力無かったので部屋に戻って花火に備えることにした。

 花火は混雑で大変だろうと思っていたんだけど、幸い割と良い場所をキープできたのでそこから堪能した。構成は前と同じだったが、三連休ということでいつもより少し豪華な花火をつかっていた。派手だったので観客にも受けが良かったみたいだね。

 花火をみたらしろちゃんは大満足だったようですぐ寝たので、シェヘラザードへ行った。ここではやはりフェアの特典でDRCのマール86が4000円という破格値であるので、二人してそれが目当てだ。

 マールは華やかでかつ深みのあるまさにDRCを感じさせる素晴らしい香りと口の中に包み込むように甘味が広がる品の良さで美味しかった。次は私はカクテルにしたが、しろちゃんはブランデーを頼んだんだけど少し安めのだったので格があわなかったと行っていた。まぁしょうがないよね。

 これで一日中ワインを堪能する日が終了した。
[PR]
by gomakurony | 2008-10-13 21:05 | ハウステンボス
「ごま、2008年10月のハウステンボス2日目(1)。」の巻
 二日目。朝起きたら6時過ぎ。朝焼けがとても綺麗だったのでしろちゃんが写真を撮りに行きたがったが、今から着替えて行っても間に合わない。少し経ってから写真を撮りに行く散歩をすることにした。海や花壇に回って二人で写真をたくさん撮って朝市でパンと牛乳とゼリーを買って帰った。

 朝食券はブランチにつかう予定なので、朝食は朝市で売っているパンだ。でもやたらと並んでいて買うの大変だった。なんとか買えたから助かったけど朝からバトルするとは。

 朝食を食べてパラディへ向かった。宿泊者用の自転車を借りるためだ。行ったら既に並んでいてうちは5番目だった。子供用の自転車はあったが、しろちゃんが乗るにはそれでも大きすぎたので、結局私とペアの自転車とくろちゃんが一人乗りの自転車を借りた。

 まず行った先は国際ボタニカルガーデンフェアだ。テントの中は展示場になっていて良く見ると結構お得なものとか興味深いものがあった。輸入菓子が激安だったので、次の日に買いに行くことにして、ディオニソスへ行った。連泊者はタートヴァンが半額になるということなので、聞いてみたら結局ホテルに帰ることになった。でも自転車だから大丈夫、すぐに往復できた。

 テイスティングを少し楽しんだら、自転車でハウステンボスを探検することにした。普段行かないアムステルダムの海岸側とか社員駐車場の周りとか自転車での移動は道がでこぼこでお尻が痛くなることを除けば速いし快適だ。しろちゃんは自分が運転する訳じゃないけど大喜びだ。

 あちこち行ったら少しおなかがすいたので、アドミラルでランチにすることにした。朝食券をつかってのブランチでいつものように季節のランチへランクアップだ。

 アミューズ(スモークサーモンのピューレ?)

  家でも作れそうな一品なんだけど、スモークの香りがこうは行かないね。

 軽くスモークした北海道産帆立貝柱のマリネ
 バルサミコソース
 赤座海老のクルスティアンと茄子のキャビア仕立て

   赤座海老のクルスティアンが食感も良く楽しめた。
   私はかなり気に入ったな。

 長崎で獲れた猪ロース肉とキノコのカイエット
 マデラソース 
 サツマイモのピューレとホウレン草のソテー添え

  ワインはシャンベルタンのグラスを頼んだんだけど、やっぱり
  フランス料理食べるならワインと合わせたいね。
  相乗効果で美味しくなる。
  しろちゃんは相当気に入ったようでママの分をかなり食べていた。

 デ アドミラル特製のデザート

   この日はデザートが美味しく食べられた。良かった。

 いつもはアドミラルのランチは最終日にしていたのだが、ワインが飲みたかったので日を入れ替えた。結果やっぱりフランス料理はワインと飲むのが正解ということで、この選択が正しいようだ。

 長くなったので、いったん切ります。
[PR]
by gomakurony | 2008-10-12 23:20 | ハウステンボス
「ごま、2008年10月のハウステンボス初日(2)。」の巻
 美術館を出た後は初日恒例のランガダイクでお買い物だ。今回は「ちゃんぽん&皿うどんセット」「ビワプリン」とはや押しでお菓子とストラップを落として十分な成果をあげたのでそのままヨーロッパへチェックインした。

 みんなちょっと疲れていたので結局その後NHK教育でやっていた音楽コンクール小学生の部をまったりとみて過ごしてしまった。17時半からはアドミラルでディナーだ。メニューはいつものように季節のディナーにし、ワインは2001年にこだわるかどうか悩んだがこだわった結果フランスには今ひとつピンとくるのが無かったので、カレラ・ジャンセン2001にした。

 アミューズ(人参のピューレだったよな。)

  一口で終わった。あまり覚えていない…。

 フレッシュフォアグラのマーブル仕立て
 リンゴのピューレとブリオッシュ添え

  リンゴがフォアグラといい感じであう。しろちゃんが気に入っていた。

 秋キノコと栗のクリームスープ
 カプチーノ仕立て セルフィーユ添え

  栗のスープは初体験。アドミラルのスープはいつも美味しい。
  単品じゃ文句なしだけど後の構成考えるとカプチーノ仕立ては
  少しクドかったもなぁ。
  しろちゃんが好きそうな味だったが、この辺りから食欲なし。

 近海で穫れた金目鯛のポワレ
 アンチョビ風味のバターソース
 季節野菜のグラタンを添えて

  しろちゃんの為にあるような料理だったんだけど…、全く元気なしだった。
  バターソースと金目鯛素晴らしかったけど、ちょっとヘビーだよね。

 季節のグラニテ(ぶどう)

  ぶどうのグラニテ。実に美味しかった。ワインともあったよ。
  冷たいものを食べてしろちゃん少し復活。

 世知原産ホロホロ鳥とトリュフのパイ包み焼き
 マデラ酒風味のソース

   私が好きな料理。パイ包みはアドミラルでは実は初めてだと思う。
   トリュフの香りもよくワインとも最高だった。
   ただ、しろちゃんがあまり食べなかったおかげでくろちゃんは
   少し残してしまった。
   くろちゃんは基本的に完食するのでかなり残念そうだった。
   美味しいけど食べられなくて悔しかったそうだ。

 デ アドミラル特製のデザート

   ワゴンサービスだが、くろちゃんとしろちゃんがケーキを頼まない
   という異常事態。パインとアイスとシャーベットで目一杯だった。
   ちなみに私もケーキは一つだけだった。かなり苦しかった。

 味は今回のコース好みだったんだけど、組み合わせ的にヘビーだったかなぁ。そこに来てしろちゃんが途中で疲れが出て食べなかったから残しちゃうといううちでは異常事態になってしまった。

 この後部屋に帰ったらしろちゃんは花火も見ずに風呂に入って寝てしまった。初日にしろちゃんが花火を見ないで寝るのは初めてだ。前日遠足で疲れが取りきれていなかったのもあるかなぁ。

 私たちも少し休憩して21時半に起きてヴィノテークへ。お目当てはロートシルトのフェアだ。今週はメインがオーパスワン2001でその他3種のワインをランクごとに飲めて9000円だ。混んでいるようだったが、なんとかカウンターをあけていただいて早速注文した。

 ふと奥を見ると見たような顔のみなさんが…。毎年3連休の次の週に行っていたんじゃないのかなぁ。後で挨拶したら色々都合が良いところを選ぶとここだったらしい。最初は静かだったけど、大酔っぱらいが乱入して盛り上がっているというかなんというか…。(^^;)

 オーパスワンはさすがに良いワインで、ゆっくり飲んだら後から開いてきて楽しめた。ただ、カレラもそうだったけどアメリカのワインはわかりやすく美味しいんだけど、もう一つ秘めたものがないというか複雑さに微妙に欠けるんだよなぁ。

 ホテルまでは車で送ってもらって部屋に帰ってきたらすぐ寝た。さすがに疲れたなぁ。
[PR]
by gomakurony | 2008-10-11 23:35 | ハウステンボス
「ごま、2008年10月のハウステンボス初日(1)。」の巻
 朝6時30分に出発。予定通りオープンの9時頃に到着した。まず最初にやったのは旧モーレンクラブのポイントカードをファミリエのポイントに置換してもらうこと。その後入場した。今回私の古い一眼レフをしろちゃんに貸してあげたら早速喜んであちこち撮りまくりだった。

 今回はワイン飲みまくりが一番重要なテーマなので、まず何はさておきホテルヨーロッパに向かう。ヨーロッパの宿泊特典でゴールドタ−トヴァンがついているからそれを撮りに行かなきゃ話にならないからね。

 ヨーロッパでタートヴァンの引換券をもらいワインショップのディオニスに行って交換してもらった。今までは終日OKだったのだが、今年は一日だけでしかもタートヴァンでのテイスティングに変わってしまった。前はワイングラスだったから好きなのをたっぷりついでもらってそれで楽しんでいたんだけど…。まぁそんな輩がやたらといてペイしなくなったのかも…。

 テイスティングは11時からなのでまだ30分以上時間があるからディオニソスでやっていた5000円でのグランヴァンテイスティングをすることにした。1995のラトゥールと1995のラフィット、2001のオーパスワンと2002のマルゴーというラインナップ。(年号は多少間違っているかも。)

 ラトゥールかラフィットか迷ったけど、案外うちで縁がないラフィットを選択してくろちゃんと飲んだ。どれもまだ開けていなかったんだよね。去年は同じようなテイスティングがあったのだけどものすごく並んで飲み損なったのに今年はずいぶん雰囲気が違うようだ。ラフィットだがさすがに素晴らしかった。今回いろんなワインを飲んだが結局一番最初に飲んだこのワインが一番美味しかった。
 
 そんなこんなで時間をつぶして11時からテイスティングを開始した。場所はディオニソスとワールドバザールだったが、結局ディオニソスの方にゴールドの良いワインがあったのでこちらを中心に飲んだ感じかな。11時半位になったら結構飲んだししろちゃんはおなかすいたというので、ワールドレストラン街へ移動した。

 しろちゃんはうどんがいいというので「おもやい」という店に初めて入ってみた。五島うどんとは書いていなかったがそれっぽい細い麺のうどんでなかなか良かった。ここはうち的には結構使える店だな。

 うどんを食べた後再度テイスティングをしにディオニソス&ワールドバザールに戻ってきて気持ちよく飲んだ後、宮殿の美術館に向かった。美術館では「永遠のベルサイユのばら展」をやっていた。くろちゃんは詳しいのかなと思っていたら実は読んだことないそうだ。ちなみに私は宝塚のミュージカルなら何度か見たことがあるが漫画の方はたぶん読んだことは無い。(フランス革命の歴史は別件でそれなりに詳しいけど)

 美術館では当時読んでたであろう当時少女だった人たちが結構いてめちゃくちゃテンションがあがっていた。まぁそうだよね。私も宇宙戦艦ヤマトとかならテンションがあがるだろうし…。特筆すべきは売店で売っていたマスカラだ。アントワネットのマスカラのコメントは…「限りなく上向き!」。(^^;)ネタとして買えばよかった。後でかなり後悔した。

 長すぎるからとりあえずここで切ろう。
[PR]
by gomakurony | 2008-10-11 23:03 | ハウステンボス
「ごま、明日からハウステンボス。」の巻
 明日から久々のハウステンボスだ。しかも来年の春は仕事がフルすぎて行けないことが確定しているので夏以降にならないと次は行けないという意味でも堪能しておかないと行けない。そろそろ寝ないとなぁ。

 "またお出かけだね。" 
c0022219_2349160.jpg

 楽しんでくるよ。
[PR]
by gomakurony | 2008-10-10 23:49 | ハウステンボス
「ごま、GWのHTB4日目。エリタージュ。」の巻
 3泊4日のHTBも最終日になってしまった。この日は天気が今ひとつだ。最終日の楽しみは今回のHTBの最大のイベントであるエリタージュの親子ランチだ。小学生になるとこのイベントに参加出来るので何年も待ち続けた久々のエリタージュ。このために今回HTBに来た位の勢いで楽しみにしている。

 ランチがヘビーなので朝食は早目にということで6時半にアドミラルで久々にオムレツを食べた。ここの所吉翠亭が多かったしアドミラルも朝食をやってやっていない事も多い買ったから一年ぶりくらいだと思う。やっぱオムレツ美味しいね。最終日だとシャンパンが飲めないのが何とも痛いけど…。

 腹ごなしに宮殿方向に散歩に行ってアーリーチェックアウトをして荷物の整理をしてほとんどの荷物を駐車場まで持っていった。そのまま部屋にとんぼ返りして少し部屋で休憩した後いよいよエリタージュだ。

 まずアンカーズラウンジで待ち合わせ。ちょっと早めだが行ってみるとしばらくしてエリタージュのスタッフの方が見えられた。以前アドミラルにおられた野口さんで、こちらにもご挨拶にこられた。待っていると最近アンカーズラウンジに異動になったという石井さんも見えられてお話をする事が出来た。ヨーロッパに戻られたと聞いていたのでアドミラルだと思っていたらアンカーズラウンジだそうだ。アドミラルで石井さんの話を他のスタッフの方にしたのでわざわざ挨拶にこられたようだ。

 今回のランチはどうやら6組のようだ。ヨーロッパからどうやっていくのかなと思っていたらなんとカナルクルーザーで行くらしい。それはそれで贅沢だなぁ。船着き場にはスタッフが勢揃いして待ち構えていてわくわくしてくる。

 早速挨拶やシェフによる料理の説明があった。メニューはこんな感じだ。

  アミューズ
   豚のテリーヌのシュー?(名前は適当。こんな感じの料理)
  前菜
   自家製スモークサーモンのグリエとポテトのサラダ仕立て
  スープ
   赤座海老の野菜のビスク
  魚料理
   佐世保魚市で水揚げされた天然鯛のポワレ
   竹の子入りリゾット添え
  肉料理
   長崎牛のカイエット かぼちゃのピューレ添え
  デザート
   ビスキュイフォンダンに赤い果実を添えて
   濃厚牛乳のグラスと共に
  かわいい小菓子
  コーヒー

 アドミラルからいつものソムリエの持永さんがいらしていたが、残念ながらワインを頼めない。まぁあちらのそんな事は先刻ご承知なのだが、料理を食べている間中ワインが飲めないのは辛すぎだとしろちゃんと二人で後悔しきりだった。6日に帰ると後が辛いからしょうがないけど…。

 前菜のスモークサーモンはレアに近い感じでとても軟らかいから細切れになりやすくていきなりしろちゃんは苦労していた。その苦労している所をNHKのカメラに狙われていたのでもしかしてニュースに使われたかもしれないなぁ。前の日にアドミラルでもスモークサーモンを食べたのだが、こちらの方がレアに近いのにスモークが効いているし網焼きもしているので香ばしさも強い。ペリエをシャンパンと思って飲んだけどかなり残念すぎる。

 スープは絶品だ。常々HTBホテルのスープはレベルが高いと思っているが、今回のスープはその中でも素晴らしいレベルだった。今回のメニューの中でも私は最も気に入った料理だ。濃厚で且つ上品な味わいと香りそして赤座海老のプリプリ感も官能的だったな。

 魚料理。これも魚がぼろぼろになりやすいのでしろちゃんが大格闘していた。銀食器で手に対して食器が重くて大きいので手が疲れるみたいだしポーション少なめとはいえしろちゃんにはとても多い量なので結構苦労したようだ。でもなんとか全部食べ切った。竹の子のリゾットが美味しかったぞ。

 肉料理。これは網がかかっているので見た目以上に切りにくい。ここでもしろちゃん頑張って切っていた。少し小さなサイズのフォークに替えてもらってちょっとは使いやすくなったようだ。切るの大変で汗かいたようだが味はおいしかったらしい。ここもしろちゃんがんばって完食した。

 最後のデザートはさすがにお腹いっぱいで苦しかったので全部は食べきれなかったけど、しろちゃんは今回ナイフとフォークをがんばって使って食べたしいつも食が細いのにたくさん食べたしとても頑張った。料理もおいしかったからね。来年は行けないけど再来年にまたこよう。私もくろちゃんもワインが無かった以外は大満足だった。

 帰りは今度はバスでヨーロッパまで帰った。そのまますぐに帰るのだけれどちょうど駐車場行きのバスが出てしまったので、船で出口に向かう事にした。去年も3泊4日やったが今年の方が着くのが遅かったり病院行ったりした割りに密度が濃い4日間だったと思う。初日はヴィノテーク、二日目有田&アドミラル、三日目ジャズライブ、四日目エリタージュとそれぞれ大きなイベントがあったからかな。来年のGWはとても忙しくて休みが取れない事が確定しているので夏までお預けになるかな。
[PR]
by gomakurony | 2008-05-05 23:02 | ハウステンボス
「ごま、GWのHTB3日目。病院。」の巻
 朝5時半におきて私的な楽しみの一つのお花畑の写真撮影を楽しんだ。朝から天気も良くひなげしメインで色々撮って満足したのでしろちゃん達を呼んでしろちゃんと花畑もたくさん写真を撮った。

 今日はのんびり出来るのだが前日の夜からしろちゃんが耳の調子がおかしいと言うので9時過ぎにHTB内の診療所に行ったら、ここでは耳鼻科は見れないので佐世保市内の当番の耳鼻科に行った方が良いと言うので、黒髪町とか言う場所の病院に行ってみた。診察の結果やはり急性中耳炎ということで薬を貰って飲んだら随分良くなったようだ。ひどくなる前で良かったが、帰り着いたのは1時過ぎで午前中はまるまるつぶれてしまった。

 昼食はアドミラルに予約していたのだが、病院での待ち時間が長く二回の延長をして1時過ぎからの昼食となった。季節のランチは既に食べているのでこの日はヘルシーランチというのを頼んでみることにした。メニューは今行方不明なので正確な名前じゃないかもしれないけどこんな感じ。

  アミューズ(生ハムとメロン)
  旬のフレッシュジュース (ハチミツとグレープフルーツのジュース)
  スモークサーモン 季節野菜のマリネ添え
  野菜たっぷりのスープ バジル風味
  近海産 旬の魚と季節野菜のパピヨット包み 香草の香り (アラカブ)
  日向夏のグラニテとジュレのハーモニー

 スモークは鮃だったのだが前日アミューズで食べちゃったのでスモークサーモンに変更になった。この日は中日でワインが飲めるのでアルザスのゲヴェルツトラミナールの1998にした。前日は結婚記念日の年を選ばなかったので今回は選んでみた。アルザスはあまり選ぶ人少ないようだけど、このメニューには悪くない選択だと思う。

 今日もソムリエさんと楽しく会話して楽しく昼食をして気分よかった。度重なる予約変更だったのに対応してもらったのもうれしかった。たっぷりと昼食を楽しんだので終ったのが3時過ぎだ。

 どうしても今回行っておきたかった6月で終了になる大航海体験館だ。映画は嫌いなしろちゃんを船だと言って連れてきたのだが、映画だったと行っていたけどそれなりに楽しかったようだ。その他十三代目柿右衛門の回顧展を見て一旦部屋に戻って休憩。夕食はユトレヒトのテラスで軽く済ませてしまった。五島うどんは今回なかったのが残念だ。

 部屋に帰る時昨日しろちゃんが欲しがったけど売り切れだった光る剣を買って帰った。しろちゃん的にはこれで大満足だ。花火を見たがったけど一応中耳炎だし直ぐ寝てもらう事にした。お風呂に入ってちょっとしたらしろちゃんは疲れたのかすぐに寝た。

 私は前日花火の写真を撮らなかったのでこの日はカメラと新聞を持って花火を観に行った。私の撮影にはあまり関係なかったのだがみんな座っている中立っているカップルがいて回りの人があれこれ言っていた。あれは確かに顰蹙だ。花火の方はこの日は風向きがこちら向きで今ひとつだった。

 一旦部屋に帰ってくろちゃんと二人でムーンシャワーに出かける。この日のメインイベントであるジャズライブを聴くためだ。この日はジャズシンガーの奥土居美可さんさんのライブだ。生ジャズ聴くのは二人してとても久しぶりなので楽しみにしてきた。カメラの撮影も許可を貰ったのでこの時のために持ってきたレンズで撮影も頑張ってみた。

 部屋付けのつもりで来たらどうやら現場払いのようで二人して5千円くらいしか持ってきていないので結構ピンチだ。CDも買えなかったし。ライブの方は非常にハートフルなライブでとても楽しめた。二回のライブ通しで聴いたがそれでももう少し長く聴きたかったな。サイトを見に行くとサテンドールでもライブをやるそうだ。思い出深いサテンドールで一度聴いてみたい。
[PR]
by gomakurony | 2008-05-04 23:16 | ハウステンボス
「ごま、GWのHTB2日目。有田にも。」の巻
 HTB2日目のメインイベントはなんと言っても有田に行く事だ。そのために6時半に吉翠亭で朝食を取ってフロントにお願いして駅側まで車を出してもらって7時40分過ぎの電車に乗って8時過ぎに上有田駅に到着した。ここまでは去年と同じだ。

 有田では行く所は決まっているからそこだけをスポットで回る事にした。最初はツキヒサさんのところだ。ここで小一時間しろちゃんはお好みの皿を選んでいた。絵柄がたくさんあるから迷うんだよね。色々お話をしたがツキヒサさん4人子供がいてここまで仕事出来るの凄いなぁ。

 次は山口さんところに行く予定だったがいつも気になっている桜窯に寄り道して長皿を購入した。ここの皿は軽くて持ちやすいのがいい。色合いもいいしね。それで山口さんの土羊窯を訪ねた。ここの陶人形はとても優しくて心癒される。今回はちょっと小振りな男の子の人形を買ってみた。

 最後は林田さなえさんところだ。今回ライオンの絵柄の器をたくさんあったのでそちらを色々と買ってみた。それと頼んでおいた亀の陶板も作ってもらってそれもゲットした。ただ、しろちゃんが暴れて器を割ってしまって申し訳なかった。いつも危ないと言っているのになかなか聞かないからいつかやるなぁと思っていたのだが…。やったらかなり反省したみたい。もうしないかな。

 有田駅ではカメラを持った人数人が何やら普通電車の車両をやたらと写していたので私も撮ってみた。鉄ちゃんじゃないのでなんの意味があるのかは良く分かんないけど。有田から帰り着いたらお昼過ぎだ。だらだらと散歩しつつ部屋に戻って休憩しロボットフェスタを観に行った。写真撮影とかはなぜかしろちゃんが嫌がったので折角来たのにもったいなかったなぁ。

 夕食はアドミラルだ。今回は季節のフェアが前回と同じと言う事で別メニューにしてもらった。
  アミューズ
    鮃のスモーク
  前菜
    フランス産ホロホロ鳥胸肉とフォアグラのルーロー
    エピス風味 季節の野菜を添えて
  スープ
    長崎近海で獲れた魚介類のスープ 伊万里葱風味
  魚料理
    長崎産天然鯛の春キャベツ包み焼き
    オマール海老のソース
  季節のグラニテ
    日向夏
  肉料理
    特選黒毛和牛背ロース肉のグリエ 香草風味
    赤ワインソース
  デ・アドミラル特製のデザート
  コーヒー

 というメニューだ。前菜と魚料理は季節のランチと同じ物だが盛りつけも違うし少し味わいも違うように感じた。ワインと組み合わせたからかもしれないけど。ワインはまたまたエリタージュのワインリストを持ってきてもらってシャトー・レオヴィル・ラスカスの1986をお願いした。これまた最後の一本だったそうでソムリエさんにまたも言われた。今度最後の一本をあてたらシャンパンを奢ってくれるそうだ。

 ワインは多分これまでいろんなビンテージのラスカスを飲んだが今回のが最高だった。保存状態も最高だし料理もうまいからだと思う。とにかく開けた瞬間から高いポテンシャルで待つほどにどんどん上がってくるからたまらない。通常魚料理などとは今ひとつなのだが、熟成をへて軟らかさがあるので鯛にも悪くないし、メインの牛のグリエには最高だった。焼き加減は私はレアでくろちゃんはミディアムだったのだが、ワインとの相性はミディアムの方がより合うように感じた。とにかくワイン最高でアドミラルで飲んだ物ではラミッションオーブリオン89と肩を並べるほど良かった。10年目の結婚記念日のディナーは最高だった。

 この日はこの後スペシャル花火を見て少し胡麻焼酎を飲んですぐに寝た。スペシャル花火はこの日は風向きが良くて構成も楽しくて楽しめた。酔っぱらっていたのでカメラを持っていかなかったのがちょっと残念だ。
[PR]
by gomakurony | 2008-05-03 23:44 | ハウステンボス