「ごま、イノシシが走る。」の巻
 大分市内をイノシシが数キロにわたって走り回ったそうで、ぶつかって怪我した人とかいたらしい。最後は工場の中に入り込んでそこで仕留められたらしいけど。大分も田舎とはいえイノシシがすんでそうな場所はもっと山に行かないとないと思うけどなぁ。一体何処からやって来たのかな。

 そういえば昔実家の近所で脱走したイノシシが道をかけているのを見た事がある。あのときはカーブを曲がれずに病院にぶつかって止まったんだったと思う。一瞬なんだかさっぱりわからなかったから、真正面から来たらきっと避けられないだろうとおもう。

 タケルくんでも避けられないよ。
c0022219_2392618.jpg

 "でも曲がれないのも悲しいね。"
[PR]
by gomakurony | 2007-02-26 23:09 | 日常生活
<< 「ごま、やっぱり復党はどうかと... 「タケルくん、安眠できず。」の巻 >>