「ごま、山荘無量塔にお泊まりする。」の巻
 今週末は、去年に引き続き我が家の冬のメインイベント「山荘無量塔の宿泊」だった。土曜日朝起きたらうっすらと雪が積もっていた。午前中から由布院へ出かける予定にしていたのだが、こんな調子では由布院へは行けないかもしれない。天気予報や交通情報を調べてみるとどうやら行けない事はなさそうだったが、雪は激しく降り出すしヤバいなぁと思いつつも11時頃出発した。

 由布院へ向かうには、(1)高速を使う(2)国道210号を使う(3)別府経由で行くの大きく三通りある。速いのは高速で、雪でも大丈夫そうなのが国道で、景色がいいのが別府経由だ。
今回は当然(2)で行くべきなんだが、別府の方をみたらそんなに積もってもなさそうだったので、無謀にも別府経由で行く事にした。そんなに激しく降った訳ではないので、心配をよそに問題なく由布院へ抜けられた。

 途中写真を撮ったりしながら来たので由布院に到着したのは12時30分頃。金鱗湖の駐車場に車を停めて金鱗湖やその辺りを散歩する事にした。くろちゃんが実家のお土産を買いたいというので、亀の井別荘の売店「鍵屋」にて色々と物色し、玉の湯の方の売店の「由布院市」まで足を伸ばした。

 天気は晴れて青空が出てきたが、風が冷たくて寒い。玉の湯でいくつか買い物をしたあと、亀の井に戻ってこちらでもジャムなどを買った。ここまででまだ1時半。無量塔のチエックインは3時からだが、寒くてもう出歩く気力がなかったから亀の井の喫茶「天井桟敷」でお茶して時間をつぶす事にした。大凡1時間ここで潰すのはしろちゃんには苦痛だったようだが、紅茶を頼んだときに出てきた砂時計で遊んでごまかした。

 3時きっかりに無量塔にチェックイン。今回の部屋は「西の別荘」だ。案内してくれた仲居さんによれば築100年の新潟の古民家を移築したそうで、一軒を東の別荘と二室にして使っている。外見はこんな感じ。
c0022219_18471455.jpg


 中は二階になっていて、一階がリビング、書斎、キッチン、風呂、洗面所、トイレになっていて、二階が寝室が二部屋とトイレ。家具や絵画といった調度品は相変わらず素晴らしく元々4人部屋なのでゆったりとしていて過ごし易い。とても快適だ。ちなみにお風呂はこんな感じ。もちろん源泉掛け流しだし、広くて檜の香りがとても良くて何回でも入りたくなるお風呂だ。
c0022219_18522788.jpg


 とりあえず落ち着いたあと売店を物色したりお風呂に入ったりしていると夕食の時間になった。去年泊まった「楽」は部屋食だったが、今回は本館にある「茶寮 柴扉洞」だ。と言っても中では個室になっているので部屋食とほとんど変わらない感覚。メニューはこんな感じ。
c0022219_18555417.jpg


 来た時期が全く同じなので去年とほぼ同じ内容だ。味はもちろん非常に良い。私のお気に入りは山女魚塩薫製。これは去年食べたときに感動したが、やはり半端じゃなく旨い。しろちゃんも今回なにが一番良かったか聞いたら「ご飯」と答えていたから気に入ったらしい。部屋食でなくていいなと思ったのはやはり料理の出が早い事。部屋食の場合はどうしてもタイムラグがあって時間がかかる。

 食事の後一度帰ってしろちゃんを寝かしつけてから「Tan's bar」に二人で出かけた。この日は女性客が多かった。くろちゃんはマールとカルヴァドス、私はシェリーとグラッパの二杯ずつ飲んだ。くろちゃんの頼んだマールの「アルザス ゲヴュルツトラミネール」(銘柄はよくわからない)は香りがよくおいしかった。これは結構勉強になったな。

 この日はこのあと就寝。朝はとりあえずお風呂に入ってまったりと過ごした。朝食は8時でやはり本館でいただく。前回和食にしたが、今回は洋食にしてみた。洋食というより和洋折衷みたいな感じだったが、配下にイタリアンレストランもあるので一品一品手抜かり無くおいしかった。

 朝食後部屋でまったりしていたらフロントから悲しい知らせ。スカーボロというクラシックカーの観光周遊をフロントに予約をお願いしていたのだが、昨日故障したので本日は休業するとのこと。しろちゃんはこれをずっと楽しみにしていたのでかなり可哀想だった。しょうがないので、九州自動車歴史館という博物館へ出かける事にしフロントから割引券をもらった。

 10時過ぎにチェックアウトし、その博物館へ出かけた。実はあまり期待していなかったのだが、リンカーンやフォード、コルベット、ベンツといった洋車からダットサンやミゼットといった車まですごい数のクラシックカーが展示されていて、なかなか見応えがあった。しろちゃんももちろん大喜びで写真もたくさん撮ったし満足度が高かった。

 暖かかったので普段は全く通らない湯の坪通りをぶらぶらしながら駐車場へ戻り、無量塔で予約していたロールケーキを取りにB-speakへ向かう。順番待ちの人たちを尻目にさっと受け取って、今回最後の目的地、由布院ワイナリーに行った。ワイナリーではくろちゃんに試飲してもらって、ワインを一本購入。バックヤードツアーに行きたかったんだけど、タイミングが悪くて残念ながら今回は見送りした。12時回った位で早かったが、しろちゃんも疲れていたのでここから帰宅した。由布院ワイナリーから由布岳を撮ってみた。空の青さがすごいね。
c0022219_19201979.jpg


 今回も無量塔を堪能した。亀の井や玉の湯にも行きたいんだが無量塔にもまだまだ行きたい部屋はあるしまた無量塔に行ってしまうと思う。次は藤とか吉と言ったフラグシップに行こうか、はたまた新しく出来た袍、相、暁、汲を狙おうか悩むなぁ。

 タケルくん、帰ってきてからずいぶん鳴いたね。
 
c0022219_1926673.jpg

 "寂しかったんだよ。"
[PR]
by gomakurony | 2006-02-05 19:26 | お出かけ
<< 「ごま、慌ただしい一日。」の巻 「ごま、右足首が痛い。」の巻 >>